ジョブマネ、 経済産業省より『情報処理支援機関(スマートSMEサポーター)』に認定

ジョブマネ株式会社は、経済産業省が創設した『中小企業にITツールを提供するITベンダー等を「情報処理支援機関(スマートSMEサポーター)」として認定する制度』の認定を受けました。
(認定番号:第2号‐18120007)

【スマートSMEサポーターとは】

人手不足下における中小企業者等の生産性向上が求められる中、中小企業者等の生産性向上・経営基盤強化のために、2018年7月9日に「中小企業等経営強化法」の一部改正が施行され、中小企業の生産性向上に資するITツールを提供するITベンダー等を「情報処理支援機関」として認定する制度が創設されました。
認定制度は、中小企業者等の生産性を高めるためのITツールを提供するITベンダー等を情報処理支援機関として認定することにより、中小企業者等が使いやすいITツールの開発を促すとともに、中小企業者等にとってITベンダーやITツールを選定するために必要な情報を取得できるための支援体制を整備するものです。

 

ジョブマネは、今年度よりIT導入支援事業社として採択され、IT導入補助金にてサービスを登録し提供しています。また、中小ベンチャー企業が補助金交付審査で必要になるシステムの利用と申請をサポートし、今後も引き続き支援を強化してまいります。

弊社では、企業内で管理されている情報を一元管理するクラウド型システム「ジョブマネ」の開発・改良・販売を行っています。社内でバラバラに管理されている情報(見積書や請求書、顧客情報や外注関係、入金履歴など)を一元化したり、スケジュールやToDo等を可視化することで労働生産性を飛躍的に向上させることが期待できるクラウドシステムです。

誰にでも 分かりやすく使いやすいシステムとして、業務効率化を望む中小企業様のお役に立てるよう今後も改良に取り組んで参ります。

詳細については、こちらの公式HPもご覧下さい