権限マスターの登録

権限マスターとは、ジョブマネで利用できる機能のON/OFFを、ユーザー毎に区分するために設定します。
例えば、システム設定等は企業情報の変更等が行えるため、一部の管理者にだけ許可したい時など、社員が持つ権限に合った設定する事で、自社に最適な運用を行う事ができます。

画面遷移のフロー

(1)設定>マスター設定「権限マスター」の設定を選択

設定マスター設定を選択して、マスター設定画面を表示します。
マスター設定の一覧に「権限マスター」があるので、設定アイコンをクリックすると、「権限設定」画面が開けます。

権限設定画面への画面遷移フロー

(2)権限設定画面

「権限設定」画面では、新たに権限区分を追加したり、既存の権限区分の名称や、権限区分に設定されている利用機能のON/OFF変更を行う事ができます。
このページでは新たに権限区分を追加するので、権限追加ボタンを押してください。

「権限設定」画面では、新たな権限区分を追加したり、既存の権限を変更したりできます。

(3)権限区分の追加と新しい権限の利用機能の設定

権限追加画面を開いて、新たに追加したい権限名を入力します。表示順とは、権限一覧画面やユーザー設定画面で表示する際の並び順を表すものです。
特に問題が無いなら、変更は不要です。

追加するを押すと権限一覧画面が表示されるので、新たな権限区分が登録されている事が分かります。
ただし、追加したばかりの権限区分は利用できる機能がすべてOFFの状態になっているので、適切な権限設定を行ってください。
権限設定は権限設定アイコンから実行できます。

権限マスターの登録の利用シーン

権限区分を追加すると、メンバー情報の「権限」の項目に選択肢として加わります。
加えた権限は、新規メンバー登録や、メンバー情報の更新をする時にユーザーに付与する事ができます。