経費種別の自由なカスタマイズ

新実装「経費種類マスター」

経費の把握と、経費申請の効率化はいずれも労働生産性の向上に役に立つことはもちろん誰の目にも明らかです。ですが!いまだに、なんであったのかわからないような領収証と、いつのことであったかもわからない過去の精算。
また、経理担当者が何度説明しても科目や種別を理解してくれない社員などもいるのではないでしょうか?

それを日々の業務ポータルとも言えるジョブマネ、またグループウェア特化のジョブマネ Liteでも利用可能な「経費精算」機能はシンプルにしてすぐにでも効果を実感いただける便利機能ではないかと自負しております。

先日、この経費精算に、新機能が実装されました。
これにより経費の種別についてのカスタマイズが可能になりました。

経費精算マスターを設定する

経費精算に利用される機能において選択可能な経費の種類、経理担当者からすれば帳簿においてどの科目に該当するかを決める選択項目になります。

ジョブマネの右上の設定メニューから「マスター設定」メニューを開いていただき、一番下に新規に「経費種類マスター」が追加されています。

※ご利用開始時期により表示、構成は異なります。

この画面より経費の種類を「新しく追加」にお進みいただき、経費の種別を名称で入れて作成をいただけます。
(※ 既存のものとの重複はできません。また、過去削除されたものと同じ名前で再度登録した場合でも内部的に別の種類として扱われます。)

こうして追加された新たな経費の種類は、「経費精算」メニューより「経費精算追加」で、利用可能となります。

こうして追加された経費は一覧で参照され、また期間やもちろん経費の種類ごとに検索~抽出が可能。

また、CSVファイルで書き出すことも可能なので表計算ソフトなどで加工~会計ソフトなどでの利用もスムーズです。

これで、煩わしい経費の集計などの手間から、ユーザーの皆さまが開放されるお手伝になれば!と思っております。

関連記事

  1. 詳細画面のUI改修をリリース!

  2. はじめてのジョブマネ ~第3章・改訂版「新・見積作成」~

  3. はじめてのジョブマネ ~第3章「見積作成(基本)」~

  4. はじめてのジョブマネ ~第2章「顧客追加・基本編」~

  5. 新税制~複数消費税率対応

  6. はじめてのジョブマネ ~第1章「スケジュール」~