このページでは商談履歴の入力方法や活用についてご説明します。
「どこで」「誰と」「どのような商談を」という内容がとても簡単に記録できますので、ぜひご活用下さい。

さっそく商談履歴のご登録方法のご説明です。

ホーム画面から①ワーク、②商談履歴の順にクリックします。

商談履歴一覧の画面になりましたら、赤枠内追加をクリック。

まずは画面上半分についてご説明です。
赤枠内:日付と商談内容は必須項目となります。
日付は訪問予定日や、電話連絡をした日、メールを送った日などを入力します。商談内容は書式指定はありませんが必須項目ですので入力下さい。
また必須ではないものの、青枠内の登録をしておくと【顧客ごと】【案件ごと】という様に一覧で検索できますので必要であればご利用ください。

商談追加画面の下半分のご説明です。
赤枠内:参加者、公開設定は必須入力項目です。参加者は、例えば営業訪問に出向く方を登録したり、電話やメールをした人を入力します。
公開設定は自由にご選択ください。
また、青枠内で通知先の選択が可能です。例えば、田中さんが商談履歴を記載したが、当日は田中さん・木村さん・石川さんが参加する場合、通知先に木村さんと石川さんを選択しますと、ジョブマネ内での通知はもちろん、メールアドレス登録をしておりますと、メールでも通知されます。
入力が終わったら【追加する】をクリックすると、商談履歴一覧画面へ移行し登録完了となります。

また、商談履歴はジョブマネのスケジュールとも連動しております。スケジュール追加をクリックいたしますと下記画面に移行します。

その際に、必須ではないですが赤枠内の顧客名を入力すると、商談履歴とスケジュールが連動して登録されます。スケジュールと商談履歴を連動するには【スケジュールのマスター設定】が必要です。
設定はこちら:http://jobma.jp/systemhelp/schedule_master/

今回は商談履歴の入力方法についてご説明いたしました。
利用にあたりご不明な点がございましたらお気軽にご連絡ください。チャット連絡ですとリアルタイム回答が可能となりますのでご活用ください。
【チャット営業時間】平日(月~金)10:00~17:00