case case

情報更新や情報共有がとてもスムーズになりました

経営コンサルティング業務
ブルームーンパートナーズ株式会社
代表取締役/CEO 伊波貢氏

Q.「ジョブマネ」を導入する前はどのような方法で業務管理を行っていましたか?

複数のツールを使って業務管理をしていました。顧客情報の管理や請求書の作成はExcel、請求書の発行に必要な宛名管理はWord、スケジュール管理はグループウェアシステム、商談は別で管理をするという方法でした。利用しているツールが多くファイル数もそれに比例して多くなっておりました。顧客の情報が更新されると、顧客情報が保管されている全てのシーンで、それぞれのツールの情報更新が必要となり、最新の情報に更新できていなかったり、更新過程が複雑になったりしたことで業務上のトラブルが生じることがあり、そこが課題となっていました。また、顧客情報は部署ごとでの個別管理となっていた為、週1回の情報共有ミーティングを行っておりました。

Q.「ジョブマネ」を導入する決め手をお聞かせください。

ジョブマネは、スケジュールと顧客管理の商談履歴が連動している為、別途日報を作成して商談の履歴を入力する手間が省けるうえに、顧客管理とグループウェアが一体化している部分に魅力を感じました。ジョブマネ内の顧客情報を更新すると、すべての社員に即座に最新情報が共有され、それに関連するトラブルが回避されます。入力操作が楽にできる設計がされており、ボタン操作が少なく使いやすいところもまた導入の決め手でした。

Q.「ジョブマネ」の利用で社内に変化はありましたか?

モバイルのスケジュール管理がシンプルで使いやすくなりました。「いつでも」「どこでも」スケジュールの把握ができます。商談内容については、これまで、「どういった商談をしてきたか?」を聞いて、返答をするという流れだった為、【聞かないと内容がわからない】【聞かないと答えない】という状態でした。しかしジョブマネの商談履歴を活用し記載をすることで【取引先との商談内容をすぐに記録できる】【これまでの商談内容が履歴として残るので振り返りができる】【聞かなくてもジョブマネを開けば、誰が・いつ・どこで・誰と・どのような商談を行ったかの共有ができる】ようになりました。ジョブマネの導入で、社内の課題であった情報更新や情報共有がとてもスムーズになりました!

会社概要

会社名
ブルームーンパートナーズ株式会社
設立
2015年1月7日
所在地
沖縄県那覇市銘苅2-3-1 メカル ヨン_ゴ(なは産業支援センター)404号室
代表者
伊波貢
事業内容

・経営コンサルティング業務
・経済、産業、市場、経営及び各種調査の受託
・勉強会ビジネス支援、起業支援業務
・商品開発、ブランディング及びプロモーションに関するコンサルティング業務
・講演会、各種セミナー、研修、カウンセリングの企画運営・受託
・各種広告並びに各種宣伝に関する業務の受託
・各種出版物の印刷、製本、並びに各種情報提供業務
・自社ブランド商品の企画、企画販売業務
・研究開発業務

ホームページ