原価区分マスターを登録しておくと、案件にかかった原価を分類できるようになります。

1)原価区分一覧を表示する。

設定→マスター設定→原価区分マスターの順にクリックすると、原価区分一覧画面が表示されます。
初期値で3つほど項目が入っておりますが、新たに追加したり自社指標へ変更したい場合に利用します。

2)新しく追加する場合

項目を新たに追加する場合は【新しく追加する】をクリックしますと、追加画面が表示されます。

原価区分名称や表示順などを入力し【追加する】をクリックすると、追加は完了となります。

3)編集したい場合

原価区分一覧画面から、変更したい原価区分名称(青文字リンク)をクリックしますと編集画面へと遷移いたします。

編集画面が表示されましたら、変更内容を入力してください。入力が終了しましたら【更新する】をクリックすると編集は完了となります。削除したい場合は、右端のゴミ箱アイコンから削除が可能です。


原価区分マスターの利用シーン

登録した原価区分は、案件管理で利用します。
案件詳細の画面の原価一覧タブを選択し、原価追加ボタンをクリックして、案件に必要な原価を登録してください。

1)案件詳細タブから原価入力をする

原価入力をしたい案件の詳細を表示し、原価タブへ移動します。
【原価追加】をクリックしますと原価入力画面へ遷移いたします。

枠内に先ほど追加した原価項目が表示されております。
該当の原価区分を選択し、発注先や原価金額などを入力しましたら【追加する】をクリックすると原価登録は完了となります。