ここでは、見積書の作成方法をご紹介します。見積管理を利用する権限を有していることが必要となります。権限がない場合は自社管理者へご相談ください。

1)見積管理画面を表示する

ホーム画面より、【ビジネス】、【見積管理】の順番でクリックしますと、見積書一覧画面が表示されます。

2)見積書の新規追加

見積書一覧画面から【見積書追加】をクリックしてください。顧客名を入力する画面が表示されますので、既にジョブマネ内に登録されている顧客名を入力し選択してください。顧客情報が未登録の場合には、簡易的な顧客入力フォームが表示されますので、ご活用くださいませ。

3)実際の見積内容を入力する

顧客を選択いただきますと、見積書のフォーマットが表示されます。フォーマットに入力していくだけで簡単に見積書の作成ができます。
【明細追加】必須:商材名称、商材個数、数量(単位は自由記述)、単価
【帯】任意:自由記述
【小計】任意:小計欄の設置(小計欄のひとつ上の明細までが計算されます)
【備考】任意:自由記述
1つ以上の明細が必須ですが、帯、小計、備考につきましては任意項目となりますので、ご自由にご利用くださいませ。
見積書への入力が完了しましたら、売上区分や受注確度、受注予定日を入力し【保存する】をクリックすると見積書の作成は完了となります。

3)見積書を出力する  

【保存する】をクリックすると、実際の見積書が表示されます。見積内容に問題なく、出力が必要であれば【PDF出力】をクリックすると、PDF形式でのダウンロードが実行されます。また、【編集】をクリックすると作成画面へと遷移いたしますので、変更がある場合にご利用ください。

また、見積書などの各種帳票に企業ロゴや角印などを自動反映させることも可能です。ご希望の場合は下記より設定方法を参照してください。
企業情報登録について


《必須入力項目について》

件名受注した場合、案件名としてそのまま利用されます。
納期受注時の納品予定日となります。
有効期限作成日よりも後の日付での入力となります。
売上区分売上区分を1つ選択してください。
売上区分の追加・編集は売上区分マスターにて可能です。
受注確度この案件が受注可能かどうかの確度を入力してください。
見積の確度の追加・編集は見積の確度マスターにて可能です。
受注予定日この案件が受注するであろう予定日を入力してください。