見積りの確度マスターとは、見込案件を登録する際に、その案件の受注できるかどうかの確度を付けるために使用します。
見積りの確度は見込案件の登録において必須入力項目となっていますので、必ず1つはマスターに登録するようにしてください。

1)見積り確度マスターの一覧を表示

設定→マスター設定→見積の確度マスターの順でクリックします。

2)新しく追加する場合

一覧画面の新しく追加するをクリックすると、新規追加の入力画面が表示されます。

新規追加の入力画面が表示されるので、各項目に情報を入力し、追加するボタンを押してください。

2)編集する場合

見積りの確度の一覧画面より登録済みのマスターの変更が可能です。変更する場合は変更したい見積の確度(青文字リンク)をクリックしますと編集画面が表示されます。

編集画面で編集し、完了しましたら【更新する】をクリックし編集が完了となります。