お客様と、どのような形、方法(例:訪問、電話、メールのやりとりなど)
で商談がされたかを選択する項目の設定ができます。

1)マスター設定画面を開いて商談履歴マスター設定を選択

設定→マスター設定→商談履歴種類マスターの順でクリックします。

2)項目を新しく追加する場合

初期設定で4つほど項目がありますが、お客様が使用しやすいようにカスタマイズしてください。
新しく項目を追加する場合は、【新しく追加する】をクリックしてください。

商談種類名:こちらに商談の名称を記入してください。
※例、訪問、電話など
表示順:項目を何番目に表示させるかを選択できます。

3)項目を編集する場合

項目の名称、順番を編集し変更できます。商談履歴種類一覧より編集した商談履歴名称(青文字リンク)をクリックします。

編集画面が表示されましたら、商談種類名や表示順など変更したい箇所を変更し【更新する】をクリックすると完了です。