権限マスターとは、ジョブマネで利用できる機能のON/OFFを、ユーザー毎に区分するために設定します。
例えば、システム設定等は企業情報の変更等が行えるため、一部の管理者にだけ許可したい時など、社員が持つ権限に合った設定する事で、自社に最適な運用を行う事ができます。

1)権限一覧画面を表示する

設定→マスター設定→権限マスターの順でクリックしますと、権限一覧画面が表示されます。

2)新しく権限種類を追加する場合

初期値で管理者と一般の権限が設定されておりますが、不足している場合やより詳細に権限設定をしたい場合は新たに追加する必要がありますので【新しく追加】するをクリックします。クリック後に追加画面が表示されます。

追加画面が表示されましたら、権限名称と表示順を入力し【追加する】をクリックすれば追加は完了となります。

3)登録されている権限種類を変更したい場合

既に登録されている権限名称や表示順を変更したい場合は、該当の権限名(青文字リンク )をクリックいたしますと編集画面へ遷移いたしますので、そちらから変更が可能です。

編集画面が表示されましたら、変更内容を入力してください。入力が終了しましたら【更新する】をクリックすると編集完了となります。

3)権限を設定する場合

権限ごとに利用機能や閲覧に制限を設けることが可能となります。各種機能に対応しておりますので、項目が多くなりますが詳細に設定することが可能です。権限一覧より、【権限設定】をクリックすると設定画面へ移行します。

権限設定画面が表示されましたら、実際に設定が可能です。チェックボックスで直感的に設定ができます。権限を設ける場合にはチェック、設けない場合には空欄にすることで設定は完了いたします。すべての設定が終了しましたら【更新する】をクリックし権限設定は完了となります。