中小企業も必要?原価管理システム導入におけるメリットを徹底解説! | ジョブマネ

最終更新日 2022.08.18

中小企業も必要?原価管理システム導入におけるメリットを徹底解説!

グループウェアを活用したテレワーク推進に業務効率化ガイド

原価管理とは、さまざまな観点から原価を管理し、利益改善やリスク管理などを行うことをいいます。原価管理は、単に「原価を把握すれば良い」というものではないため、適切に管理しようとすればするほど業務が煩雑になりやすいでしょう。

そこでおすすめしたいのが、「原価管理システム」の活用です。

本記事では、原価管理システム導入におけるメリット・デメリットや、原価管理システム導入で失敗しないためのポイントを中心に徹底解説します。自社の原価管理のあり方に課題を抱えている方は、ぜひ参考にしてください。 

 

記事の内容

1.原価管理システムのおもな機能


そもそも「原価管理システム」とは、原価計算、予算・実績の比較、損益計算など、さまざまな計算・分析を効率的に行い、「原価」を一元管理するシステムのことです。

「原価」が指すものは業種によって異なりますが、おもに原材料費・外注費・労務費などが挙げられます。

原価管理システムには、次のような機能が備わっています。

(1)原価計算機能:必要なデータを入力すると自動で原価を算出できる機能
(2)原価差異分析機能:予算と実績の差異を比較分析する機能
(3)損益計算機能:製品ごとの損益や月次・四半期ごとの損益を計算できる機能
(4)配賦計算機能:複数の製品や部門を横断して発生する費用について、独自の基準・パターンで計算できる機能
(5)原価シミュレーション機能:原価変動を把握・予測し、自社への影響をシミュレーションできる機能
(6)システム連携によるデータ共有機能:各既存システムと連携しデータ共有する機能
(7)内部統制関連機能:パスワード管理や個別のアクセス管理など、セキュリティ対策ができる機能 

上記6つ目「システム連携によるデータ共有機能」からわかるように、原価管理システムでは多くの分析を行うため、ERP(基幹業務システム)や会計システムなどと連携して利用するケースが一般的だといえるでしょう。

 

2.原価管理システム導入による6つのメリット


原価管理システムを導入すると、多くのメリットが得られます。

ここでは、代表的な6つのメリットについて見ていきましょう。

2−1.原価計算や分析が容易になる

エクセルなどで原価を管理しようとすると、原価計算や分析は煩雑になりやすいでしょう。

一方、原価管理システムでは、あらゆる原価情報をデータ化することで、個別原価計算、標準原価計算、実際原価計算、総合原価計算など、複数の切り口での原価計算が簡単にできるようになります。

また、標準原価と実際原価の差がグラフなどで可視化されるため、分析も容易にできます。結果として、利益を生み出しやすくなるとともに、原価計算や分析にかかる業務負担も減るでしょう。

2−2.複数の選択肢をシミュレーションで比較できる

変化の激しい時代には、複数のシミュレーションに基づくリスク管理や経営戦略が欠かせません。

原価シミュレーション機能を備えた原価管理システムなら、過去の実績などをベースに、原価変動が自社に与える影響をシミュレーションできます。複数のシナリオごとにシミュレーションできるため、不測の事態へ備えやすくなり、 自社の利益低下を最小限に抑えられるでしょう。

2−3.無駄や非効率を早期発見できる

原価管理システムでは、特定のデータを入力するだけで、原価を正確に把握・計算できるようになっています。

どこに問題があるのかを早期発見できるため、改善策を講じやすくなるでしょう。無駄や非効率となっているコストを削ることができれば、利益確保につながります。

2−4.労務コストを削減できる

原価管理を人的に行おうとすると、複雑かつ膨大な時間がかかってしまいます。

原価管理システムなら、必要最小限の作業で原価管理ができるため、従業員の労務コストも減らせるでしょう。空いたリソースはコア業務に回せるので、利益アップが期待できます。

2−5.重要情報を迅速に入手できる

原価管理システムに搭載されている機能により、経営上重要な情報をリアルタイムかつ正確に入手できるようになります。

情報の入手速度が向上する結果、経営判断を迅速・柔軟に行いやすくなるでしょう。 

2−6.ERPとの連携で全社効率化を目指せる

近年、ERPを導入する企業は増えています。「ERP(Enterprise Resource Planning)」とは、「ヒト・モノ・カネ・情報」といった企業資源を一元管理し、有効活用するための考え方、またはそのツール(基幹業務システム)のことです。ERPを導入していれば、各部門が持つデータを全社的に共有できます。

したがって、原価管理システムをERPと連携させることで、原価情報を全社的に共有・活用し、全社効率化を目指すことが可能です。

原価管理による利益改善活動は、全社を挙げて取り組むことでより大きな効果につながるでしょう。

 

3.原価管理システム導入にデメリットはある?


原価管理システムを導入するにあたっては、メリットだけでなくデメリットも理解しておきましょう。

デメリットとなり得るのは、おもに次の2点です。 

3-1.コストがかかる

原価管理システムを新たに導入する場合は、一定の導入コストがかかります。また、長期的に運用を続けていくためには、運用コストの負担も避けられません。

原価管理システム導入により、どれくらいの利益が生まれるのかをしっかりと考えておかなければ、コストだけがかかる一方になるため注意が必要です。

3-2.選定を誤ると効果が薄れる

前章「原価管理システムのおもな機能」で機能を紹介しましたが、ベンダーによって搭載機能は異なります。特に原価管理システムは、製造業や建設業など、独自の商習慣がある業界に特化したものも多く、他業種がそのようなシステムを導入しても効果は上がらないでしょう。そのため、自社の業種・業界に合ったシステムを選ぶことが大前提となります。

また、自社の課題を見極め、それを解決できる原価管理システムを選ぶことが重要です。

 

4.原価管理システム導入で失敗しないためのポイント


原価管理システムを導入する際にチェックすべきポイントは、次の3点です。

・課題と目的の明確化
・提供形態の確認
・現場の意見の集約・反映 

以下で、それぞれのポイントについて解説します。

4−1.課題と目的の明確化

前述のとおり、原価管理システム導入には多くのメリットがあります。

しかし、「原価管理システムはメリットが多いから導入する」のではなく、まずは導入目的を明確にしなければなりません。そのためには、自社が今抱えている課題を洗い出す必要があるでしょう。自社の課題や問題点が明らかになれば、導入すべきシステムの候補を絞りやすくなります。

4−2.提供形態の確認

原価管理システムの提供形態には、クラウド型とオンプレミス型の2種類があります。

クラウド型とオンプレミス型には、それぞれメリットとデメリットがあるため、特徴を理解することが大切です。

<クラウド型のメリット・デメリット>

クラウド型のメリットは、導入コストや運用コストを抑えられること、すぐに運用を始められることなどが挙げられます。

一方、デメリットは、オンプレミス型と比べカスタマイズ性が劣る傾向にある点です。

<オンプレミス型のメリット・デメリット>

オンプレミス型のメリットは、自社の要望に応じて柔軟にカスタマイズできる点です。

一方、デメリットは、導入コストや運用コストが高額になること、長いケースでは運用開始まで数か月程度かかる可能性があること、トラブル対応などの負担が大きいことなどが挙げられます。

4−3.現場の意見の集約・反映

原価管理システムを実際に取り扱うのは、経営層やシステム部門ではなく、現場の従業員です。現場サイドが使いにくいシステムは、期待する効果が得られなくなる可能性が高いでしょう。

原価管理システム導入にあたっては、システムごとの無料トライアルなどを活用しつつ、現場の意見を集約・反映させることが重要です。そのうえで、導入するシステムを最終決定しましょう。

 

5.中小企業の原価管理に「ジョブマネ」をご活用ください!


グループウェア&業務管理ツールの「ジョブマネ」は、グループウェア、SFA(営業支援)、CRM(顧客管理)、ERP(基幹システム)がデータ連携している便利なオールインワンタイプです。クラウド型での提供となります。

ジョブマネの原価管理機能は、1つの売上に対して複数の原価情報を登録でき、外注先が増えても原価情報を正確に管理できる仕組みです。また、原価情報に基づき自動で注文書が作成されるため、従業員の労務コスト削減につながるでしょう。

原価管理機能の詳細はこちら 

 

ジョブマネは、20〜30名未満の中小企業様や部門・チーム様に多く利用されています。初期費用とサポート料金は一切かからず、1ユーザーから利用できるので、少人数での利用を検討している方にこそお試しいただきたいツールです。

30日間の無料トライアルを活用すれば、実際に現場で使ってから導入を決められるため、システム導入に失敗するリスクも減らせるでしょう。

 

6.まとめ


原価管理システムを導入することで得られるメリットは、次のとおりです。

・原価計算や分析が容易になる
・複数の選択肢をシミュレーションで比較できる
・無駄や非効率を早期発見できる
・労務コストを削減できる
・重要情報を迅速に入手できる
・ERPとの連携で全社効率化を目指せる

一方、原価管理システムを導入するにあたっては、次のようなデメリットも理解しておく必要があります。

・コストがかかる
・選定を誤ると効果が薄れる

ただし、これらのデメリットは、費用対効果を考えること・課題と目的を明確にしたうえでシステムを選定することで回避可能です。

 

今回ご紹介したツール「ジョブマネ」には30日間の無料トライアルがあり、原価管理機能を含めた全機能をお試しいただけます。現場の従業員が問題なく使いこなせるか、自社の原価管理とマッチしているかなどを検証できるため、安心です。

この機会にジョブマネを試してみてはいかがでしょうか。


著者:松田
新卒で都内の営業支援会社にて新規開拓営業に従事し、大企業向けにwebチャットツールの提案営業を行う。
沖縄に帰郷後、salesforceの代理店にて中小企業向けの業務改善に従事。
現在は自社開発業務改善ツール「ジョブマネ」のwebマーケティングに従事し、少しでも多くの中小・零細企業の業務改善ができるよう日々奮闘中。

30日間無料お試し

\ジョブマネの 全機能 が使える!/

ジョブマネの全機能が使える!

30日間無料お試し