入金状況の管理

※この操作を行うには「請求・入金管理使用」と「請求・入金編集」の権限が必要です。
入金登録や入金金額の新しく追加するボタンが表示されない場合は、自社のシステム管理者にご確認ください。

このページでは顧客からの入金を管理する方法について説明します。
入金管理を使うことで入金未払いを防止したり、請求書の発行漏れを防ぐことができます。

(1)入金一覧画面を表示

ワーク入金登録を選択して、入金一覧画面を表示します。
画面上部にある検索ボックスに条件を入れ「検索」ボタンを押すと特定のアイテムを探したり、表示項目を絞り込むことができます。

(2)未入金アイテムを検索して入金金額を登録

入金一覧で表示されたリストの「状況」欄で、「未入金」となっているアイテムを探します。
「未入金」のアイテムは、入金金額を入力する事で「入金済」ステータスへと自動的に変更されますので、
顧客からの入金が確認できた時点で入力してください。
また一覧では請求書を出力済みかどうかも表示されているので、入金期日が迫っているのに請求書を出力していない等のオペレーションミスも事前に把握することができます。

未入金アイテムのIDもしくは詳細アイコンをクリックすると入金詳細画面が開きます。
直接、入金追加の処理に進みたいときには、追加アイコンをクリックしてください。

入金詳細を開いた場合は画面中央にある⊕新しく追加するをクリックすると入金追加の画面が表示できます。

入金日と入金額を入力し、画面下部にある追加するボタンを押すと入金の追加が完了します。
前金で受け取った時には、その金額分のみ追加しておく事で残金の入金管理が行えます。

入金記録を追加して満額になると状況ステータスが未入金から入金済へと変わります。